Re:M-house

計画期間
2012.09~2012.12
施工期間
2013.01~2013.04
所在地
大阪府枚方市
PHOTO
Yoshiro Masuda
設計
coil松村一輝建築設計事務所
施工
トンボクラフト

大阪郊外の住宅地にて築37年経った住宅リノベーションです。

一般的な昭和に大量生産された分譲平面計画から減床面積での吹き抜けや区切りきらない収納ゾーンの配置によって「抜け」をとることで繋がる立体的なプランに変化しています。

性能面では、屋根の吹き替えによる軽量化とカーボン繊維を使った基礎補強に現行法規に沿った耐震壁の見直し等の構造躯体への対応。
省エネ4等級を基準とした断熱材の設置と無垢の杉フローリングや珪藻土を使った壁紙等による調湿効果との組み合わせによる屋内の空気環境の改善を主として新築物件に劣らない仕様となっています。


敷地面積   120.75m2 ( 36.54 坪 )
建築面積   41.72m2 ( 12.62 坪 )
延床面積   86.27m2 ( 26.12 坪 )
1階床面積  41.72m2 ( 12.62 坪 )
2階床面積  21.45m2 ( 10.05 坪 )
上部物置面積 11.34m2 ( 3.43 坪 )

coil
Kazuteru Matumura Architects.
〒550-0003 大阪市西区京町掘1-13-23 岡崎ビル403 / #403 okazaki BLDG.1-13-23 Kyomachibori Nishi-ku,Osaka 550-0003
Tel:06-6441-2501
E-mail:info@coilkma.com
  • instagram
  • fb
Access
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅 7番出口より 四ツ橋筋沿いに南へ4筋目(地下鉄四つ橋線 本町駅 28番出口からは 四ツ橋筋沿いに北へ5筋目)の京町堀1 交差点を西に曲がり150m程進んだ道路南側にある茶色のタイル貼りのレトロな建物 岡崎ビルの4Fになります。

地図

© coil Kazuteru Matumura Architects. All Rights Reserved.